ハタヨガとヨガって何が違うの?ポーズも違うの?

<スポンサーリンク>

ハタヨガって聞いたことがありますか?

ハタヨガは700年以上前から存在していたと

言われている、歴史のあるヨガです。

 

でも、ぱっとみただけでは他のヨガとの区別が

つきにくいですよね。

<スポンサーリンク>

今回はそんなハタヨガとヨガの違いについて

まとめてみました。

ハタヨガに興味のある方は是非、読んでいってください♪

 

 

ハタヨガとは?一般的なヨガとの違いは何?

dictionary-613912_640

ハタヨガは身体を動かすヨガの元祖です。

 

身体を動かすことの中には、呼吸法や、クリヤという体内の

浄化法、そして手で色々は「印」(手で作るポーズ、写真を

撮る時のピースみたいなもの)なども含まれています。

よって、かなり総合的なヨガと言えます。

 

このヨガから派生して

アイアンガーヨガ

アシュタンガヨガ

ビグラムヨガ

アヌサラヨガ

パワーヨガ

ヴィンヤサヨガ

シヴァナンダヨガ

 

などが生まれました。

 

今世界中で流行っているヨガのほとんどが、

ハタヨガから派生したものです。

現在日本で行われているハタヨガは、伝統的な実践法とは

かけ離れている場合が多いです。

 

現代のハタヨガでは

他のヨガと比べてポーズをキープする時間が長い

比較的、優しいポーズが多い、運動量が少ないなどの

特徴があるといわれています。

 

ハタヨガはある意味、クセがないので、初めてヨガを

される方におすすめできます。

現在では、身体を動かすヨガ全般をまとめてハタヨガと

呼ぶことが多いです。

 

「身体を動かさないヨガなんてあるの?( ? _ ? )」

 

あります!

例えば

ラージャヨガ:瞑想するヨガ

カルマヨガ:奉仕活動するヨガ

バクティヨガ:お祈りするヨガ

ニヤーナヨガ:哲学するヨガ

などです。

 

ヨガは日本語訳すると”つなげる”という意味です。

本当は「ヨガ」は

”聖なる意識(ブラフマン)と自分をつなげる(ヨガする)ために

行う修行法 ”

という意味です。

 

ピラティスとヨガの違いは?ダイエット効果抜群?

自宅ヨガを始めて1ヶ月でマイナス8キロ?! 骨盤矯正でダイエット♪

 

 

ハタヨガの意味は?

yoga-therapy-929844_640

ハタヨガの「ハタ」とは、「太陽と月」という意味です。

ハが太陽タが月という意味です。

 

ヨガで大切にされている思想の1つをご紹介します。

ヨガでは、この世界は、静と動、創造と破壊などの

2つの相対する要素が混ざり合うことで存在している

と考えられています。

 

それらの二面性を表す言葉としてハタが使われます。

ハタヨガでは 、

吸う息を「ハ(太陽)」

吐く息を「タ(月)」

と考えます。

 

 

ハタヨガをする上での注意点♪

tenbin

ハタヨガをするときは、しっかりとした指導者の下で

練習をするようにしましょう。

他のヨガにも言えることですが、ヨガは腰を痛めやすいです。

生徒に無理なポーズを取らせて、生徒を怪我させてしまう

指導者も中にはいます。

 

指導者が、「自分が簡単にできるので、生徒も当然できるだろ」

と思ってしまうことがあるため、このような事故が起きます。

 

そして現在は昔に比べて、未熟な指導者が多いです。

怪我等を未然に防ぐために、指導者の経歴等は必ず

チェックしましょう。

<スポンサーリンク>

 

自宅ヨガで冷え性が改善?お手軽ヨガの効果とは?

ヨガの効果でダイエットに成功!私が実践した痩せるポーズ①を動画で解説!

 

 

ハタヨガのメリットとは?

question-mark-1020004_1280

ハタヨガのメリットは、より古典的はヨガを学ぶことが

できる点だと思います。

 

古典的なヨガでは、呼吸法やお祈り、食生活などを、運動と

同じくらい大切なものだと考えています。

1900年以降作られた現代ヨガと比べて、ハタヨガは、

これらの要素も大事にしている場合が多いです。

そのため、色々なことをバランス学ぶことができます。

 

 

ハタヨガのポーズを紹介♪

家で簡単にできるハタヨガのポーズを紹介します。

気軽に行えるように、若干ポーズの説明がアバウトになっています。

 

どのポーズでも言えることですが、まずはポーズの完成系を

無視して、アバウトにポーズを取りましょう。

アバウトなポーズの中で、自分にとって心地のいい動きを

見つけましょう。

 

「どのように身体を動かすと心地よく感じるのか」を

自分なりに探求し続けるとヨガの上達が早くなりますよ!

 

今回はおすすめのポーズを3つ紹介します。

 

コブラのポーズ

コブラのポーズは腰痛や猫背に効きます。

首や腰を痛めないように、注意して行いましょう。

 

うつ伏せで寝ます。

両手をみぞおちの 高さに置き、脇を締めます。

額を床につけます

顔を上げて、天井を見ます。

頚椎(背骨)を頭から腰の方に順に、息を吐きながら、

一つづつ後ろに反らしていきます。

心地がいいと感じられる箇所まで反らしたら、

そこで止まり、ポーズをキープします。

ゆったりと深く呼吸をしながら、1分ほどその状態をキープしましょう。

 

コブラのポーズで首や肩、腰の後ろ側の筋肉の緊張を取ることができます。

腰痛予防に効果のあるポーズです。

コツは頭の方から順に曲げること、肩が上がらないようにする。

 

ねじりのポーズ

本来のねじりのポーズは、背骨をまっすぐ立てることが難しいです。

なので今回は椅子を使った方法をご紹介します。

 

椅子に座ります

背骨をまっすぐ伸ばします

足をしっかり地面につけます

左手をまっすぐ天井に向かって伸ばします

高く伸びた左手を、ゆっくり腰の後ろに回して、右側の腰に手を引っ掛けます。

右手をまっすぐ天井に向かって伸ばします

右手をゆっくりと前に下ろして、左足の付け根に引っ掛けます

右手と左でバランスをとり、息を吐きながら胴体を左へゆっくりねじっていきます。

心地がいい場所で止まり、ゆったり呼吸しながら30秒間キープしましょう。

10両手を離して、元の姿勢に戻ります。

11今のと同じ要領で、反対側もやってみましょう。

 

ねじりのポーズで、背骨を整えることができます。

自律神経が安定し、不安やイライラがなくなります。

 

 

↓ハタヨガの入門クラスの動画です↓

 

入門クラス (フルレッスン・30分)

 

 

 

まとめ

現在行われているハタヨガはヨガとほとんど同じです。

しかし、古典的なハタヨガはマントラと呼ばれるお経の

ようなものを唱えたり、呼吸法を行ったりします。

 

体操だけじゃ物足りないという方は、ハタヨガを

やってみるといいかもしれません。

体操以外のヨガの一面を垣間見ることができます。

 

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

シェア!