トリックオアトリートの意味!ハロウィンの返事と英語では?

<スポンサーリンク>

10月31日はハロウィンですね。

近年は日本でもハロウィンがすっかり定着してきました。あちらこちらでハロウィンイベントが開催されていますし、テレビ中継される仮装パレードは年々盛り上がってきているように感じます。

1001-thumbnail2_r
(引用:http://lingoo.seesaa.net/s/

 親しい友人とハロウィンパーティーをされる方も多いと思います。かわいい仮装ができたりお菓子をもらえたりするハロウィンは子供たちにとっても楽しい行事ですよね。


 ですが、ハロウィンとは何なのか、実のところよくわからなかったりしませんか?ハロウィンといえば、かぼちゃを飾って仮装をして「トリックオアトリート」と言ってお菓子をもらう、ということくらいしか私も知らず、子供から聞かれても詳しく答えられませんでした。そこで調べてみました。

トリックオアトリートとは?意味と英語で書くなら?

ハロウィンの時期になると「トリックオアトリート」という言葉をよく耳にしますね。

<スポンサーリンク>

日本ではまだあまり行われていませんが、アメリカでは子供たちはこの言葉を言いながら近所の家々を訪ね、お菓子をねだります。まるで何かの呪文のようですが、この言葉にはどういう意味があるのでしょうか?

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%82%a6%e3%82%a3%e3%83%b31_r

 トリックオアトリートは英語では「Trick or Treat」と書き、それぞれの単語には次のような意味があります

Trick ・・・ たくらみ、いたずら
 or    ・・・  または、あるいは
 treat ・・・ もてなす、ごちそうする

「いたずらされるかおもてなしするか、どっちがいい?」というような意味です。

元々は「Treat me or I’ll trick you.(私をもてなしなさい。さもないとあなたに災いをもたらしますよ。)」という悪霊たちの言うフレーズだったそうですが、言いやすいように略されて「Trick or Treat」になったようです。
 この「おもてなし」が子供たちにとってはお菓子であり、「お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ!」という意味の合言葉として使われているようです。

トリックオアトリートの由来とは?

トリックオアトリートという言葉はヨーロッパの「ソウリング(souling)」と呼ばれる儀式が由来とされています。


 ソウリングとは、11月2日の死者の日に子供たちが仮面をつけて歌いながら、さまよえる霊魂たちのためにソウル・ケーキ(干ぶどう入りの四角いパン)を乞いながら家々を訪ね歩くことをいいます。ソウル・ケーキはその家の先祖たちの霊を供養するためのもので、ケーキを差し出さないと成仏できない霊たちにいたずらをされたり、家に不幸なことが起こると信じられていました。


 このソウル・ケーキをもらい歩くソウリングの風習が元となり、現在のようなお菓子をもらい歩くトリックオアトリートになったということです。

n114_kasanattakabocyasaikoro_tp_v_r
  また、一説には1990年代初期に一人のいたずらっ子がハロウィンでお菓子をもらうための脅し文句として「トリックオアトリート」と言い、それをかわいく思った大人がお菓子をあげました。

この方法ならお菓子がもらえる!と思った他の子供たちもマネして使うようになり広まった、とも言われています。その後、1952年のディズニーアニメ「Trick or Treat」の中で使われ、世界中に認知されたようです。

<スポンサーリンク>

「トリックオアトリート」といわれたときの返事は?

では、実際に子供たちから「トリックオアトリート」といわれたときはどのように返事をすればよいのでしょうか?


 アメリカでは「ハッピーハロウィン(Happy Halloween 良いハロウィンをお送りください)」や「トリート(Treat もてなしを選ぶ)」と答えるのが一般的で、「お菓子をあげるよ」という意味になります。

なので「ハッピーハロウィン!」と答えてキャンディやクッキーなどのお菓子を渡してあげればよいのです。「トリックオアトリート」は「お菓子をあげないといたずらしちゃうぞ!」の意味ですから、日本では子供たちにもわりやすいように「お菓子をあげるからいたずらしないでね!」と言ってもよいと思います。

子供たちもせっかく仮装をしているので、仮装についてほめてあげるときっと喜んでくれることでしょう。

トリックオアトリートの正しい使い方は?

 日本では知らない子供たちが突然ハロウィンに訪ねてくることはまだあまりないと思いますが、実はアメリカでのトリックオアトリートには暗黙のルールがあります。


 玄関の周りにかぼちゃを置いたりハロウィンの飾りつけをし、電気をつけてある家は子供たちが訪問をしてもよい家で、逆に訪問をされたくない場合には家の電気を消しておくのだそうです。

これなら子供たちにもわかりやすいですよね。それに、実際に行くのは知り合いなどの家で、事前に親同士で訪問する連絡がしてあることが多いようです。子供たちが来ることがわかっているので当然お菓子も用意してあります。


(Halloween 2013 – Trick Or Treating with Gabe & Garrett )


  では、もしお菓子をあげなかったらどうなるのでしょうか?

 その場合は子供たちから本当にイタズラをされてしまいます。
 よくあるイタズラの例は、


・玄関のドアに生卵を投げつける
・トイレットペーパーでハロウィンの飾り付けなどをぐるぐる巻きにする
・家の人に水鉄砲で水をかける、水風船を投げつける

などですが、アメリカではわざとお菓子をあげずに子供たちのイタズラへの反撃方法を用意したりして、子供たちとのやり取りをしながら一緒にハロウィンを楽しんでいる人もいるのだとか。ユーモアが好きなアメリカ人らしくておもしろいですよね。

間違った使い方は?

トリックオアトリートは、ハロウィンイベントの会場や事前に連絡をしてある家同士など、限られた場所で使う方がよいようですね。子供のいない家やハロウィンをよく知らない人の家にトリックオアトリートをするのは、相手を困惑させてしまうのでやめた方がよいでしょう。

  他にもトリックオアトリートでの注意点がいくつかあります。

・暗くならない早めの時間に行う。
・グループで行動し、大人が必ず付き添う。
・訪問する家は事前に決めておき、灯りをつけていない家には行かない。
・訪ねた家ではあいさつをきちんとする。
・反射テープなどを身に付けたり明るい色の服装にするなど、暗くなっても車を運転している人から見えやすいようにする。
・子供たちに配るお菓子は個別包装されている市販のお菓子を使用し、手作りの物は避ける。もらったお菓子は大人や保護者が安全を確認する。

201510271237483d7s_r
(引用:http://arizonalife.blog.fc2.com

アメリカでも子供たちの安全のために大人が気を配っているようです。トリックオアトリートを行う際にはあらかじめルールを決めておき、子供たちに危険がないようにすることが大切ですね。

 ハロウィンの意味やトリックオアトリートの楽しみ方を理解してもらえましたか?今年はぜひ、トリックオアトリートを上手に使って、お子さんと一緒に楽しいハロウィンをお過ごしくださいね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

シェア!