スーツ・シャツ・ネクタイのビジネスコーデは?色や柄で差をつけろ!

<スポンサーリンク>

(最終更新日:2016年9月6日)

 

スーツのコーディネートで、相手への印象はかなり変わります。

色や柄を使って、スーツの着こなしの幅を広げてくれるのがシャツネクタイです。

しかし、使い方を間違えるとビジネスに向かないコーディネートになります。

 

今回は、スーツ・シャツ・ネクタイのビジネスで使える色の使い方コーディネートをご紹介します。

スーツの着こなしのルールや色や柄に合わせたコーディネートのコツを覚えておきましょう。

 

スーツがストライプのコーデ!

 

ドット柄のネクタイは、何にでも使える安定感のあるネクタイです。

例えば、紺のスーツ×同系色のドットネクタイ×Yシャツの組み合わせがGOODです!

 

スーツとシャツとネクタイの着こなし!1

(引用:http://otonaninareru.net/)

 

ビジネスシーンでは、商談や外回りのときにおすすめのコーデです。

 

ネクタイが柄のコーデ

 

紺のスーツ×レジメンタルネクタイ×Yシャツを合わせるとビジネスシーンに使えます。

レジメンタルとは、斜めストライプ柄の名前です。知的で真面目な印象になります。

スーツとシャツとネクタイの着こなし!2

(引用:http://otonaninareru.net/)

 

ビジネスシーンでは、普段から使いやすいコーディネートです。

 

<スポンサーリンク>

 

目上の人と会うときプレゼンなどの勝負の日などには、はっきりした色のネクタイ使うのがおすすめです。

 

濃い目のスーツコーデ

 

ほとんどの方が、濃い目のスーツ=ビジネススーツですよね?

 

スーツとシャツとネクタイの着こなし!5

(引用:http://u-note.me/)

 

ブラックは、真面目・真剣・本気・パワフルを表す色です。

<スポンサーリンク>

ブラックスーツは、コーディネートしやすく、まとまりを持たせます。

 

しかし、地味にまとめすぎてしまうと、普通すぎるつまらない印象になるので注意です。

ビジネスに合う、シャツやネクタイの色や柄を工夫してみましょう。

 

ビジネスにおすすめなのが、ネイビースーツです。

ネイビーは、真剣・誠実さをアピールできるカラーです。

知的な印象を与えることも出来ます。

面接や重要なミーティング時にもネイビースーツがおすすめです。

 

チェック柄のコーデ

 

ビジネススーツは、ネイビー・グレー・ブラックが基本です。

最近では、チェック柄のスーツも着こなしている人もいますね。

しかし、ビジネスで使えるチェックと呼べるのは、チェック柄が小さいこと!です。

スーツとシャツとネクタイの着こなし!3

(引用:http://teimenginza.jugem.jp/)

 

チェック柄をスーツに使うと、インパクトが強くなってしまいます。

 

チェック柄スーツは、ダークカラーを使い、シャツとネクタイは無地を選びます。

明るい色を選んでしまうと、ビジネスコーデから外れてしまいます。

シックな色を合わせましょう。

 

使う色は3色まで

 

スーツの着こなしで難しいのが、色使いです。

同系色でまとめると失敗ないので安心です。

スーツとシャツとネクタイの着こなし!4

(引用:http://blog.y-aoyama.jp/area/aoyama)

しかし、ビジネスで大切な「印象」を相手に与えることなく「印象の薄い人」になってしまいます。

そこで、おすすめなのが、使う色を「2系統3色」でまとめること!

 

グレースーツ×白シャツ×赤ネクタイで例えます。

白は、実質的に系統を持たないので、2系統(グレー・赤)3色(グレー・赤・白)になります。

このようにしてコーディネートしていけば、着こなしに統一感が出来ます。

余計なものが入らず、シンプルでおしゃれです。

 

色の相性を調べて組み合わせていくのも面白いので、いろいろなコーディネートを試してみて下さい。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

シェア!