厄年に出産って大丈夫?厄年について気になるあなたへ!

dd
<スポンサーリンク>

(最終更新日:2016年8月31日)

 

女の厄年っていつ?

厄年とは、厄災が訪れる年を言います。

厄災とは、病気になったり、大きな怪我をしたり、仕事で失敗をしたり、

生活に困窮するなどと言うようなあらゆる災い事を指します。

女性の厄年ですが女性の厄年は一般的に19歳、33歳、37歳とされています。

特に女性は33歳(サンザン)は大厄と言われており、最も注意が必要な年齢です。

これにはある程度の科学的根拠もあり、ちょうど33歳前後は子育てで大変忙しい時期で、

精神的にも体力的にも大変な思いをしている女性多いので注意が必要ですね。

 

厄年に出産!厄落としになるとゆう言い伝えもある?

一般的に厄年の出産は縁起が良いか悪いかというと地方によっては

・厄払いになるのは男児を出産した時だけ

・出産により払った厄が子に掛かる

・産婦の義母か実母が命を落とす

など、禍々しい言い伝えもあるようです。

ただ縁起が悪い話だけは限りませんね。むしろ厄年での出産は縁起がいいともいわれます。

一部の地域によっては出産することが「厄落とし」になると考え、厄年の出産は素晴らしいとお祝いをするところあります。

ただ、厄落としになるのは男の子を出産するときだけで、女の子の場合は厄落としにはならないとされるところもありますし、

やはり子どもに親の厄が移るので縁起が良くないとされることもありますね。

 

<スポンサーリンク>

 

気になるなら厄払いへ行くのが一番?!

厄年に出産するのは縁起が良いか悪いのかと意見が分かれますが、やはり心配になります。

<スポンサーリンク>

そのため、不安を感じてストレスになるようであれば、きちんと神社で厄除け・厄払いしておくことをおすすめします。

出産後にストレスを感じたまま子育てをするのは大変ですからね。

 

気持ちが一番大切!!

厄年について気にしすぎるあまりストレスを感じてしまっては、自分の体にも赤ちゃんにとっても意味がありませんね。

悪いことが起きるかもしれないからと、健康を気遣うなど自分の生活を見つめ直すきっかけくらいに考えてはいかがでしょうか。

ですから神社仏閣への厄払いや厄払いのアクセサリーを身につけたりするのも良いです。

女性の場合は、30歳を過ぎたら乳がんなど女性特有の病気にも注意しなければいけませんので、

「厄落とし」の意味も込めて人間ドックや健康診断を受けるのもおすすめです。

厄払いと健康診断で行い心身両面で安心するのが良いと思います。

IMG_6108

まとめ

厄年には明確な根拠がないので、まずは安心してくださいと言いたいですが、ただ人生の節目のある厄年です。

「この年齢になると体が疲れやすくなったり、心配事が増えたりする年齢です。

それらを前もって知っておき、気持ちを落ち着かせる」と考えるといいでしょうね。

厄払いは、人それぞれで「本厄だろうがなんだろうが関係ない」と言う人もいますし、

知らないうちに過ぎていたということもあります。

気になる方は気持ちの面でも安心できますので厄払いや健康診断されたら良いと思いますね。

<スポンサーリンク>

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>